軒先の風鈴 2005年11月
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11 , 21
御久しぶりです。太陰弓弦です。
つい此の間満月でしたね。よく見えましたよ。
ところで、月って太陽の光を反射してるんですよね。
これって、鏡と同義じゃありませんか?
水もモノを映します。
池に月が映ってるのって、実は合わせ鏡なんですよね。
いや、思いついただけなんですが。
眼もモノを映しますから、
自分の顔を鏡で見るのも合わせ鏡
と言ったのは我が敬愛いたします甲田学人氏です。
ちなみに、月にでこぼこが無かった場合、
夜は今の二十倍ほど明るいそうです。
夜の闇を有難うでこぼこ。

【 Read More 】
スポンサーサイト
11 , 16
ごめんなさい、もう気取りません。

藪から棒ですが、白対です。
いや、別に気取ってなどおりませんです。

作品に辰ほたらしきものを up しました。
いや~、駄目ですね、白対さん。
滅多にブツを上げないかと思えば、珍妙なものを突発的に出すという。
いやでもですね、季節が季節ですし。
昨日は初雪が降った地方もあったようですし。
何か、冬っぽいものを書きたかったんですよ。
矢張り冬といったらコタツ!
でも江戸時代にコタツなぞあるのか!?
おーまいがっ、激しくカルチャーショック!!
別に異文化でもないけど!
・・・ってな訳で、焚き火です。
あまつさえ時事関係訳わかんないし、そこ何処よ?って感じです。

うう、文化のすれ違いを振り切って、次回は侍学園の如きノリでコタツにします。
今の所シリアスしか書いてませんので、次はわか~にしたいです。
・・・内心、現在白対の正常な思考を侵食しているトリニティ・ブラッド、
通称トリ・ブラでも書きたいんですよねぇ。
ウチの連中から(むしろ那智の姐さんから)裁可が下れば書くかもしれません。
手前ぇ、こっちはんなもん見たいんじゃねえわい!!ってのはまあ、落ち着いといて下さい。
白対は需要と供給なんて気にしませんから。
こっちはやりてえことやるわい!ぶいぶい!ってなもんです。
はい、すいません。
白対も落ち着いときます。っていうか、白対こそ落ち着いときます。

以上、言い訳じみた傲岸不遜の守護神・白対でした。
傲岸不遜って、なんだか知らないけど言われるんですよね・・・なして?(主張するとこ違

11 , 12
はい、白対です。
作品を一つupしました。
常磐さんのグルメ大戦争です。
なんかこう、常磐さんのサイトと化してるような気がしないでもないんですが。
だって太陰とか晄とかが上げてくれないんですよ。
僕はまあ、管理と同時進行で、他方面でも多角的に忙しい身の上なので(嘘吐け
メールホームのカスタムをしたのも、もろ初心者の白対さんな訳で。
最初はねぇ、名前とメールアドレスと伝言しかなかったんですよ・・・
全部勘でやりました。と言いますか、ここまでやってきました。
基礎の部分は那智姉にやっていただいたんですがね。
その勘とやらで、いつぞやはイカレちまったレジストリを適当に直しました。
その手の方向に詳しい知人の目をひん剥いてやりましたよ。

ところで、白対は最近古典を一冊入手しました。
日本霊異記という、日本最初の仏教説話集です。
景戒というお坊様がお書きになったそうなんですが、成立年代は定かでは無いらしく、
解説には何だか訳ぷーなことしか載ってまsげふんげふん(失礼
それにしても面白いです。
白対が手に入れたものには白文と書き下し文、現代語訳が載っているという、
恐ろ凄まじくミラクルな一品でして。
それらを比較しながら読むと、何か楽しいんです。
昔の人はこんなん考えたんだな、ぷぷーって感じです。(阿呆か、お前は
いや、でもほんとですよ。
そこに記されているうちの誰かが、自分のご先祖様って可能性もある訳ですし。
古事記は上代の話ですから、
あんたらかんたら云々の尊こそ汝が先祖よ、うひょひょひょひょ
なんて言われても困ることこの上ねえですけど、
今昔物語集だの宇治拾遺物語だのくらいまで下がってくると、
いいんじゃね?ってノリで受け入れられます。
人間って、現金ですねw (どこまで猫被ってんだ、おのれは
まあ、説話ですからどこからどこまで真実なのかは分からないです。
っていうか、ぶっちゃけ全部フィクションです。(まてこら
著者やら、当事者やら、当時の人はもういないんですから、
それはもうフィクションでしょう。
真実の話も、一度起きたら物語なんですよ。厳密なところ。
ですから、ノンフィクションだろうがフィクションだろうが、唯一絶対の主観になり得る数値以外、
語られるときは全て“物語”なんです。
嘘かどうかなんて、実際に体験した人しか分からないですし、
当人だってその時の心情を全て語り切ることはできない。
ここはまあ、精神科学的なものですけど。
根本的な話、時間自体を遡れる訳じゃなんですから、
事実上ノンフィクションなんて不可能です。
しかしですね、物語だからこその真実味や残酷さ、メッセージというものはあります。
そんな訳ですから、描写が残酷だからといって全て切り捨てるのは早計というものですよ。

・・・話反れまくったなあ。
追記使えばよかったかも(今更

11 , 08
白対です。私的なことながら、宣言します。
他の奴とキャラが被ったため、方向性を変更する事にします。
ってな訳ですんで、一度ぶち壊れます。
どういう宣言だろう。あはははは・・・・・・

はい。
地味~にちまちまと変更させていただきました。
メールフォームとかメールフォームとかメールフォームとか(すでにお約束のパターン
ぜひとも使って下さい。
お手柔らかにお願いしたいことこの上ないですが、
愛の鞭ならいくらでもお受けしますです(何だ、貴様は

それから、リンクを工事して二件追加させていただきました。
それはもう素敵なイラストサイト様と出会うことができて(寧ろ一方的に見つけた次第)
この僥倖を八百万の神々にお礼申し上げt・・・・・・(向こうのほうで拒否されそう)
さりげなく事後承諾という荒業に打って出たりしておりますが、
生温く見過ごして下さるとありがたいです。

これから掲示板やら拍手やらちょこちょこ設置したいですわぃ。
一番楽な路線で行くとサーバーさんのを使っちまうという驚きだったり。
でもヘッダーとフッターのあれこれが分からん。
サイトに使うようなので良いのだろうか?
・・・・・・分からん。畜生、憎い奴め(苦笑

いい加減作品あげろや、とか創作どうにかしろ、とかいう感じではある。
しかしなあ。
若干一名がまともなものを提出してくれないのでねえ。
あの子には需要と供給を考慮して欲しい限りです。ほんとに。

11 , 01
今回は、太陰と葵月麻人、そして僕をご紹介します。

我が家のトラブルメーカ、末っ子の太陰弓弦はもう二桁にも関わらず
未だに家の付近で迷子連発。
右といったら後ろに進む究極の方向音痴です。
突然意味不明な鳴き声を上げ、オカルト道だけは迷わず突っ走る変な奴。

次は、姉弟+1の1にあたる葵月麻人。
彼は僕たちの姉弟ではありませんが黒君が
「僕の扶養家族だ」
と言って離さない、いわばマスコットのような物ですかな。
弓弦とよくケンカしています。
ナイーブなんで、冷たくあしらうと傷つきますね。
日に焼けたんだか、地黒なんだか、
とにかく色が黒いので愛称は「こげちゃん」といいます。

最後に長男の僕はマイペースな方です。
いろんな意味で熱くなりやすい姉弟の、鎮静剤です。(ある意味黒君も鎮静剤ですが)
長男なのに弟二人に身長負けして威厳のいの字もありません。
ただ、姉弟一同人歴が長いでしょう。
休みになるとこうしてパソコンに向かって駄文を綴るのが日課です。

では、これから姉弟+1の奇行をどんどん公開していきたいと思うので、
どうぞよろしくお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。